スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 TSAロック あすつく 人気の定番 セール特別価格 旅行バッグ キャリーバッグ キャスター sk-ydw28-bk

スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 キャスター TSAロック キャリーバッグ 旅行バッグ あすつく sk-ydw28-bk

スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 TSAロック あすつく セール特別価格 旅行バッグ キャリーバッグ キャスター sk-ydw28-bk スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 TSAロック あすつく セール特別価格 旅行バッグ キャリーバッグ キャスター sk-ydw28-bk 旅行バッグ,/sausage314007.html,TSAロック,sk-ydw28-bk,Lサイズ,スーツケース,アウトドア、釣り、旅行用品 , 旅行用品 , スーツケース、キャリーバッグ,あすつく,www.lojoformosogestion.com,キャリーバッグ,キャスター,約90L,1944円,キャリーケース,大型,超軽量,4輪 1944円 スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 キャスター TSAロック キャリーバッグ 旅行バッグ あすつく sk-ydw28-bk アウトドア、釣り、旅行用品 旅行用品 スーツケース、キャリーバッグ 旅行バッグ,/sausage314007.html,TSAロック,sk-ydw28-bk,Lサイズ,スーツケース,アウトドア、釣り、旅行用品 , 旅行用品 , スーツケース、キャリーバッグ,あすつく,www.lojoformosogestion.com,キャリーバッグ,キャスター,約90L,1944円,キャリーケース,大型,超軽量,4輪 1944円 スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 キャスター TSAロック キャリーバッグ 旅行バッグ あすつく sk-ydw28-bk アウトドア、釣り、旅行用品 旅行用品 スーツケース、キャリーバッグ

1944円

スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 キャスター TSAロック キャリーバッグ 旅行バッグ あすつく sk-ydw28-bk

【材質】スーツケースはABL樹脂とPCでの混合素材を採用しており、純ABL樹脂より耐衝撃性に優れています。エンボス加工、傷つきにくい。デザインもシンプルでおしゃれ!超軽量で携帯便利、女性でも楽々に持ち出かける人気なキャリーケースです。
【三段調節キャリバー】アルミニウム製の超軽量のキャリバーは伸縮可能で、ご自分の身長に合わせて、スムーズな三段階調整が可能です。また、滑りにくいハンドルは柔軟性に優れ、長時間の使用でも手が疲れにくいです。
【シンプルで機能的な収納スペース】収納スペースの片側にメッシュポケット付きの仕切りが付いています。もう片側にはベルトタイプのクロスバンド付きで、移動中も中の荷物を安心固定。
【TSAダイヤルロック】3桁の暗証番号をセットするダイヤル式なので、カギをなくす心配ありません。お子様に持たせるならダイヤルタイプをおススメします。
【製品仕様】商品サイズ:W47xH70xD30cm / カラー:ブラック / 材質:ABL+PC/ 容量:約90L / 重さ:約4.1kg/ 旅行日数の目安:8?12日











スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 超軽量 約90L 4輪 キャスター TSAロック キャリーバッグ 旅行バッグ あすつく sk-ydw28-bk

迅速丁寧な対応で、非常に助かりました。また機会があれば利用させて頂きます。
すぐに届きました。レビューの特典も同日に届きました。良いストアだと思います。
商品が届きました。梱包は丁寧で、迅速な対応でした。ありがとうございました。
良い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

最新記事

最新記事一覧

待望の初・国内美術館個展。アレック・ソス Gathered Leaves 神奈川県立近代美術館 葉山にて6/25より開催。

現代アメリカを代表する写真家アレック・ソスの待望の個展が神奈川県立近代美術館 葉山にて開催。2021年1月、アレック・ソス氏が日本写真芸術専門学校の特別講師として写真を学ぶ学生たちのために、海外のアトリエからオンラインで授業をしてくださったのも記憶に新しい。 2022年6月、またこうして日本の美術館で彼の作品を直に見ることができる機会に恵まれ、写真家を目指す人や憧れを抱く学生たちにとって非常に貴重な機会となる。   アメリカの現代写真を牽引するアレック・ソス。ミネソタ州ミネアポリスを拠点に、緻密なコンセプトに基づいたプロジェクトとして国内外への旅を重ね、自然や人々をとらえたソスの作品は、ドキュメンタリー写真の手法を継承しながらも独自の詩的な静謐さを湛え、国際的に高い評価を得てきました。ウォルト・ホイットマン(1819-1892)の詩集『草の葉(Leaves of Grass)』(初版1855年)の一節からタイトルを採り、アメリカを題材とする5つのシリーズ⸺〈Sleeping by the Mississippi〉、〈NIAGARA〉、〈Broken Manual〉、〈Songbook〉、そして最新作〈A Pound of Pictures〉⸺で構成される本展では、約80点を紹介し、イメージとコンセプトの連関をそれぞれの光景に探ります。日本の美術館で初となる待望の個展です。 引用:公式サイトより   [caption id="attachment_6411" align="aligncenter" width="800"] ピーターのハウスボート、ミネソタ州ウィノナ『Sleeping by the Mississippi』より 2002年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6412" align="aligncenter" width="800"] ふたつのタオル 『NIAGARA』より 2002年 ローク・ガレリー蔵 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6413" align="aligncenter" width="639"] メリッサ『NIAGARA』より 2005年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6414" align="aligncenter" width="800"] 2008_02zl0189『Broken Manual』より 2008年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6415" align="aligncenter" width="800"] 2008_08zl0047『Broken Manual』より 2008年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6416" align="aligncenter" width="800"] テキサス州ラウンドロック『Songbook』より 2012年 ローク・ガレリー蔵 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6417" align="aligncenter" width="800"] ビル、オハイオ州サンダスキー『Songbook』より 2012年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6418" align="aligncenter" width="800"] ペンシルヴァニア州フィラデルフィア 『A Pound of Pictures』より 2021年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6419" align="aligncenter" width="640"] スチュアート、ペンシルヴァニア州ピッツバーグ 『A Pound of Pictures』より 2021年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption]   アレック・ソス氏にとって日本で最初の美術館個展となる本展示。展示の見所や詳細情報については公式サイトをご確認ください。 神奈川県立近代美術館 葉山 開催概要 会 場 神奈川県立近代美術館 葉山 会 期 2022年6月25日(土曜)– 10月10日(月曜・祝) 休館日 月曜(7月18日、9月19日、10月10日を除く) 時 間 午前9時30分 – 午後5時(入館は午後4時30分まで) 観覧料 一般1,200円/20歳未満・学生1,050円/65歳以上600円/高校生100円 主 催 神奈川県立近代美術館 葉山 協 力 LOOCK Galerie, Berlin、twelvebooks、Mas Films *最新情報とご来館に際してのお願いは美術館ウェブサイト等にてご確認ください。     2022年1月に日本写真芸術専門学校にてオンライン特別講義『 アレック・ソス スペシャルトークショー 原点から未来へ ~アレック・ソスが見つめる世界~』を開催した。 作品や写真集制作などに関するエピソード、当時コロナ禍に彼自身が「写真家」として感じていたこと、今後の制作活動における未来への展望、そしてこれから写真家を目指す学生に向けメッセージをいただいた。 [caption id="attachment_6424" align="aligncenter" width="800"] アレック・ソス氏が日本写真芸術専門学校の特別オンライン講義で作品の解説をしている様子[/caption] [caption id="attachment_6425" align="aligncenter" width="800"] 彼の写真集と、撮影・制作当時のエピソードなど貴重なお話を伺った[/caption]   アレック・ソス氏の日本国内美術館で初となる個展「アレック・ソス Gathered Leaves」。ぜひ神奈川県立近代美術館 葉山にてこの大変貴重な機会を体感したい。   [clink url="https://picon.fun/information/20220421_app/"]

2 PicoN

アート

VMD視点で街を楽しむ。第1回 夏の「GINZA」編

VMD (Visual Merchandising)って、聞いたことありますか?誤解を恐れず一言で言うと、「お店の主張を視覚的に表現すること。」 お店は、その時一番大切にしているコトやモノを、適切な場所で、適切な方法で、視覚的に表現しお客様に伝えています。このお店は、何を伝えようとしているのかな?と言う視点で街を楽しんでみませんか。 第1回 夏の「GINZA」を楽しむ 大昔から「銀ブラ」という言葉があるように、銀座は何となくブラブラ歩いているだけでも楽しい街です。でも、銀座に建ち並ぶ商業ビルの外観とそのウィンドウに目を向けて歩くと、美術館のように楽しめるかもしれません。今回は、一足早く夏を感じる銀座のウィンドウを紹介します。 銀座ウィンドウクルーズを始める前に「目の向け方」のご提案です。 通りの向かい側から建物全体とウィンドウの関係性を見る。ウィンドウはそのお店の顔。外壁の素材やデザインの中で、どんなバランスで切りとられ、どんなフレームで縁取られているか。そのお店の主張が見えてきます。 通りを渡って、ウィンドウの前に立ちます。「このディスプレイは何を伝えたいのか?」考えながら観察してみてください。そして、自分はこのディスプレイが好きか嫌いか?何で好きなのか?どこが嫌いなのか?自分の好みを確認し分析してみるのも楽しいです。 ウィンドウにQRコードが貼ったり、HPでディスプレイテーマを紹介しているお店も増えてきました。サッと検索して、自分が感じたことと答え合わせをして、もう一度ウィンドウを見直してみると、「へーそうだったんだ!」「やっぱりね!」など、自分が感じ取れなかったことが見えてきて興味倍増です。 最後に、お気に入りのウィンドウディスプレイが見つかったら、定期的に定点観測定してください。同じお店でも、昼と夜、夏と秋とクリスマスでは、表現が大きく変わります。その中にそのお店ならではの共通する特徴を見出すと、その店の世界観・テイストってこういうことか!と、納得できると思います。 それでは、夏を感じる銀座のウィンドウ、ほんの一部をご紹介します。 GINZA MAISON HERMÈS 「銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイは、街にひらかれた劇場です。様々なクリエイターの独創的な視点を通して、エルメスの世界観を表現します。」(銀座メゾンエルメスHPより引用) GINZA MAISON HERMÈS メゾンエルメスのウィンドウは、およそ3ヵ月毎にその演目を変えて上演されます。2022年の年間テーマは、「もっと軽やかに」 今回5/12~8/9まで上演される、ロンドンのアーティスト ジョナサン・パルドックによる「空想に耽って」Head in the cloudsは、「雲の上に浮かんでいる気球が太陽と月に守られている場面」を様々な「顔」と「仮面」により軽やかにユーモラスに表現しています。 [caption id="attachment_6528" align="aligncenter" width="1239"] Fan people 「扇子の人間」は日本的でユーモラス。エルメスのスカーフやシューズ、小物達のディスプレイツールとしても活躍[/caption] [caption id="attachment_6529" align="aligncenter" width="1239"] 気球の籠に「顔」見る人を引き付ける[/caption] [caption id="attachment_6530" align="aligncenter" width="1239"] 建物左側面の9つの小窓には、Fan peopleの小人バージョンが登場する。エルメスの商品とのアーティスティクなコラボが、どこか軽やかでユーモラス。[/caption] Louis Vuitton ルイ・ヴィトンは、『Louis Vuitton Windows』という書籍を発売するぐらい、ウィンドウディスプレイに力を入れているブランド。毎回見ごたえのあるディスプレイを展開しています。テーマやデザインは、全世界共通ですが、各店のウィンドウのサイズや環境によって展開が変わっているのもチェックポイント。 [caption id="attachment_6532" align="aligncenter" width="480"] 2021年3月に新装オープンした銀座並木通り店 建築家 青木淳氏による外装は「水の柱」を思わせるデザイン。天気や時間、見る角度によって無限のカラーバリエーションが楽しめる[/caption] [caption id="attachment_6567" align="aligncenter" width="750"] 縦長に切り取られたウィンドウからは、ピーターマリノ氏による内装デザインのポイントである吹き抜けの中央階段が望めるオープンウインドウ。 その手前には、ダイナミックな海の生き物達。 マネキンと同色で真っ白に仕上げたエイのオブジェに躍動感を感じる[/caption] [caption id="attachment_6533" align="aligncenter" width="472"] 2013年にリニュアルした松屋銀座店。並木通り店と同じ、青木淳氏とピーターマリノ氏によるデザイン。松屋銀座店8階部分まで覆った白い外壁の表面には、ヴィトンを代表するパターンの一つダミエ(市松模様)がやわらかな印象で立体的に表現されている。夜には、ダミエ模様のスリットから漏れる照明で温かい印象になります。[/caption] [caption id="attachment_6558" align="aligncenter" width="640"] 後ろに壁面のあるクローズドウィンドウ。ブルーのパネルを立てることで、海水の中をより強くイメージさせている。[/caption] [caption id="attachment_6559" align="aligncenter" width="1239"] 細かい仕掛けが組み込めるのも、クローズウインドウの利点。実はこのクラゲ、肢が動いています。[/caption] ボンポワン銀座店 ボンポワンは、40年以上の歴史を持つフランスの子供服高級ブランド。完璧な裁断、繊細な縫製、緻密な手刺繡、上品なデザインなどに定評がある。 [caption id="attachment_6560" align="aligncenter" width="640"] 1929年に建てられたアールデコ調の建物は、建築家・森山松之助氏のデザイン。2階コーナーには、ボンポワンのシンボルであるサクランボを配し、ロゴから延びたリボンを模したライン照明で縁取りされたウィンドウがチャーミングなファサード。[/caption] [caption id="attachment_6561" align="aligncenter" width="1563"] ノスタルジックな夏の終わりがテーマ。牧場の枯れ草の中で遊ぶ子供達を連想させる。[/caption]   夏の「GINZA」はいかがでしたか?街を歩くだけでもこれだけのディスプレイデザインに出会える銀座。新しい出会いと発見を見つけに街ブラ楽しんでみてくださいね! 文:池谷光江 商品装飾展示技能検定1級、本VMD協会理事 マネキンディスプレイ会社のデザイン室を経て、フリーランスのディスプレイデザイナーとして、百貨店、専門店、メーカーのVMD企画デザイン、社員教育に携わる。現在、ディスプレイの国家試験「商品装飾展示技能検定」の問題作成を行っている。

14 PicoN

デザイン

美しいカラフルな色彩を煮つめて、溶かして、紡いで。絵描き作家・池田幸穂個展『虹を煮詰めて、風景をつづる』開催

絵描き作家で専門学校日本デザイナー学院イラスト講師の池田幸穂先生の個展が、東京・両国のGALLERY MoMo Ryogokuにて7/2(土)より開催です。 池田幸穂 個展 『 虹を煮詰めて、風景をつづる 』 2022.7.2.sat - 7.30.sat 11am - 7pm GALLERY MoMo Ryogoku (祝・日・月 休館) https://www.gallery-momo.com/ 【個展のお知らせ】 🌾虹を煮つめて、風景を綴る🌾 会期・7月2日〜7月30日 場所・Gallery MoMo 両国 時間・火〜土11:00-19:00 お休み・日月祝 🐞🦜🧸🌈🦋 秋の実りや貯蓄、移動をテーマに 生き物いっぱい! 小麦などの食料問題と重なるところもあります 来月、絵の中を冒険しに来てください〜🍃 pic.twitter.com/nT9TPTSmjd — 池田幸穂 • Sachiho IKEDA (@sachiho_ikeda) June 2, 2022 人々が蓄えた食糧は、動物たちの食物でもあり、動物たちの食糧をお裾分けしてもらっていると考え、その循環や移動をテーマに物語がどんどん膨らみ、キャンバスに描きたい景色がとめどもなく広がっていきました。 空にだけある虹ではなく、様々な動植物が持つ美しいカラフルな色彩を煮つめて、溶かして、物語を紡ぎ、四季の変化を言葉で綴るように、風景をキャンバスに残し、新しい視点から見る世界を描こうとしていますー。 展示アーティストコメントより一部抜粋引用   以前、専門学校日本デザイナー学院8F WALL GALLERYでの個展では、「風」をテーマとした爽やかで色鮮やかな作品がとても印象的でした。今回の個展では、秋と冬の景色をベースに「貯蓄」、「動植物」、「移動」の3つをテーマに個展を構成されるとのこと。 作品の一部は池田幸穂さんのInstagramでも紹介されています。   この投稿をInstagramで見る   Sachiho IKEDA/池田幸穂//Painter(@sachiho_ikeda)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   Sachiho IKEDA/池田幸穂//Painter(@sachiho_ikeda)がシェアした投稿 これまで数多くの個展やグループ展に参加し、ご自身の作品を発表し続けてきた池田幸穂さん。過去の展示の様子を、GALLERY MoMo公式ホームページにて覗くことができます。 GALLERY MoMo 独創的なタッチと心を掴まれる鮮やかな色彩。力強くもどこか優しく柔らかく、そして見る人の心を温かくしてくれるような作品を描く池田幸穂さん。今回の個展『 虹を煮詰めて、風景をつづる 』も、とても楽しみです。ぜひPicoN!読者の皆さまもこの機会に足を運んでみてくださいね。 池田幸穂 Ikeda Sachiho 絵描き / Gallery MoMo 所属 / 武蔵野美術大学卒業後、個展多数。ワークショップ等。海外のアートフェアに参加。図書館に作品常設。   ▼そのほか、池田幸穂さん記事はこちら [clink url="https://picon.fun/illustration/20220102/"] [clink url="https://picon.fun/illustration/%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%82%bf%e5%b8%b3%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a2%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%82%92%e3%81%ae%e3%81%9e%e3%81%84%e3%81%a6/"]

39 PicoN

アート

おすすめ記事

おすすめ記事一覧

待望の初・国内美術館個展。アレック・ソス Gathered Leaves 神奈川県立近代美術館 葉山にて6/25より開催。

現代アメリカを代表する写真家アレック・ソスの待望の個展が神奈川県立近代美術館 葉山にて開催。2021年1月、アレック・ソス氏が日本写真芸術専門学校の特別講師として写真を学ぶ学生たちのために、海外のアトリエからオンラインで授業をしてくださったのも記憶に新しい。 2022年6月、またこうして日本の美術館で彼の作品を直に見ることができる機会に恵まれ、写真家を目指す人や憧れを抱く学生たちにとって非常に貴重な機会となる。   アメリカの現代写真を牽引するアレック・ソス。ミネソタ州ミネアポリスを拠点に、緻密なコンセプトに基づいたプロジェクトとして国内外への旅を重ね、自然や人々をとらえたソスの作品は、ドキュメンタリー写真の手法を継承しながらも独自の詩的な静謐さを湛え、国際的に高い評価を得てきました。ウォルト・ホイットマン(1819-1892)の詩集『草の葉(Leaves of Grass)』(初版1855年)の一節からタイトルを採り、アメリカを題材とする5つのシリーズ⸺〈Sleeping by the Mississippi〉、〈NIAGARA〉、〈Broken Manual〉、〈Songbook〉、そして最新作〈A Pound of Pictures〉⸺で構成される本展では、約80点を紹介し、イメージとコンセプトの連関をそれぞれの光景に探ります。日本の美術館で初となる待望の個展です。 引用:公式サイトより   [caption id="attachment_6411" align="aligncenter" width="800"] ピーターのハウスボート、ミネソタ州ウィノナ『Sleeping by the Mississippi』より 2002年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6412" align="aligncenter" width="800"] ふたつのタオル 『NIAGARA』より 2002年 ローク・ガレリー蔵 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6413" align="aligncenter" width="639"] メリッサ『NIAGARA』より 2005年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6414" align="aligncenter" width="800"] 2008_02zl0189『Broken Manual』より 2008年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6415" align="aligncenter" width="800"] 2008_08zl0047『Broken Manual』より 2008年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6416" align="aligncenter" width="800"] テキサス州ラウンドロック『Songbook』より 2012年 ローク・ガレリー蔵 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6417" align="aligncenter" width="800"] ビル、オハイオ州サンダスキー『Songbook』より 2012年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6418" align="aligncenter" width="800"] ペンシルヴァニア州フィラデルフィア 『A Pound of Pictures』より 2021年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption] [caption id="attachment_6419" align="aligncenter" width="640"] スチュアート、ペンシルヴァニア州ピッツバーグ 『A Pound of Pictures』より 2021年 ©Alec Soth, courtesy LOOCK Galerie, Berlin[/caption]   アレック・ソス氏にとって日本で最初の美術館個展となる本展示。展示の見所や詳細情報については公式サイトをご確認ください。 神奈川県立近代美術館 葉山 開催概要 会 場 神奈川県立近代美術館 葉山 会 期 2022年6月25日(土曜)– 10月10日(月曜・祝) 休館日 月曜(7月18日、9月19日、10月10日を除く) 時 間 午前9時30分 – 午後5時(入館は午後4時30分まで) 観覧料 一般1,200円/20歳未満・学生1,050円/65歳以上600円/高校生100円 主 催 神奈川県立近代美術館 葉山 協 力 LOOCK Galerie, Berlin、twelvebooks、Mas Films *最新情報とご来館に際してのお願いは美術館ウェブサイト等にてご確認ください。     2022年1月に日本写真芸術専門学校にてオンライン特別講義『 アレック・ソス スペシャルトークショー 原点から未来へ ~アレック・ソスが見つめる世界~』を開催した。 作品や写真集制作などに関するエピソード、当時コロナ禍に彼自身が「写真家」として感じていたこと、今後の制作活動における未来への展望、そしてこれから写真家を目指す学生に向けメッセージをいただいた。 [caption id="attachment_6424" align="aligncenter" width="800"] アレック・ソス氏が日本写真芸術専門学校の特別オンライン講義で作品の解説をしている様子[/caption] [caption id="attachment_6425" align="aligncenter" width="800"] 彼の写真集と、撮影・制作当時のエピソードなど貴重なお話を伺った[/caption]   アレック・ソス氏の日本国内美術館で初となる個展「アレック・ソス Gathered Leaves」。ぜひ神奈川県立近代美術館 葉山にてこの大変貴重な機会を体感したい。   [clink url="https://picon.fun/information/20220421_app/"]

2 PicoN

アート

マンガ連載~第9話~ デザイン学生のとある一日~インテリアデザイン編~

こんにちは!専門学校日本デザイナー学院(以下、NDS)講師の藤田岳生先生によるマンガ連載です! 第8話では「デザイン学生のとある一日~グラフィックデザイン編~」をお届けしました。デザインの学生が普段どのように過ごし、何を参考にしているのかを見てきました。映画館での以外な場所を注目しているのが印象的でしたね! 前回のお話↓ [clink url="https://picon.fun/comic/20220527/"] 第9話となる今回は「デザイン学生のとある一日~インテリアデザイン編~」です。インテリアやディスプレイ、建築など学ぶ学生が街中をどんな視点で観察しているのか、何に興味をもっているのかを覗いていきますよ! かっこいいディスプレイ、おしゃれな家具、建築物など思わず見つけると、ついつい立ち止まってしまう、、、インテリアデザイン学生のあるあるですね! みなさんもいつもと視点を変えて、街を見回ってみることをおすすめしますよ!思わぬ発見が見つかるはずです。 次回もお楽しみに! 作・藤田岳生先生 マンガ・イラスト関係の専門学校を卒業後、マンガ作家のアシスタント業に就く。さまざまな作家さんの現場を渡り歩き、経験を積む。その後、イタリアのマンガ学校「LUCCA MANGA SCHOOL」の目に留まり、24歳での短期単身渡伊をはじめとして、幾度か現地の方を対象としたレッスンを行う。Web系など絵を描き始める方に向けての指導をはじめ多方面で活躍中。 NDSのマンガ科を詳しく知りたい人はこちら

25 PicoN

マンガ

これから写真プリントをはじめたい人へ 「Canon PIXUS XK500」

スマートフォンやデジカメで撮った写真。撮影後はどのように楽しんでいますか? SNSに投稿したり、友達に送ったり、もしくは保存してそのままという人も多いと思います。 写真をデータで見て終わりという方は、「写真をプリントにして残す」ということも視野に入れてみてはいかがでしょうか? 一度プリントした写真は何度も見返す機会もでき、写真がより身近に感じられるようになるはずです。 そんな写真プリントの魅力をお伝えすべく、この記事では ・写真プリントの楽しみ方 ・おすすめのインクジェットプリンター についてご紹介します。 「写真プリントって難しそう」 「プリンターはどれを買ったらいいかわからない」 とお悩みの方はぜひ参考にしてみてください! 写真プリントの楽しみ方 写真をプリントする一番のメリットは、「形として残る」ことです。 スマートフォンやデジカメの中にある写真データは、紛失してしまったり、壊れてしまったらもう見ることができなくなります。 電子機器の故障というものはいつ起こるかわからないもの。それで大事な写真たちが消えてしまったら、、、悲しいですよね。 すぐに見返すことはなくとも、何年、何十年と経った時に思い出として残すことができるのが写真の良さでもあります。 写真データもプリントしておくことで、消えてしまわないものとして残しておくことができます。 [caption id="attachment_6045" align="aligncenter" width="755"] 子供の成長記録など、大切にしたい思い出はプリントにしておくことで形として残ります。写真のほとんどがデジタルになった今、アルバムを作ったりして残しておくことの大切さに気付かされます。[/caption]   また、写真は額に入れて壁に飾ったり、少しの工夫でお洒落に飾ることもできます。 よく撮れた写真があれば、ぜひ飾って楽しみたいですね! そういえば、プロの写真家は口を揃えて「プリントすると写真がうまくなる」と言います。 写真の技術を磨きたい人も、自宅のプリンターでたくさん写真をプリントすることをお勧めします。 [caption id="attachment_6046" align="aligncenter" width="755"] 正方形の用紙にプリントして、麻の紐とクリップで工夫して飾った例。ちょっとした工夫で写真をお洒落に飾れます。[/caption] [caption id="attachment_6047" align="aligncenter" width="720"] お気に入りの写真は額に入れて壁に飾ってみるのもいいですね。[/caption] [caption id="attachment_6044" align="aligncenter" width="750"] 写真を入れる額の種類も様々。写真に合わせた額選びも、飾る楽しみの一つです。[/caption] おすすめインクジェットプリンター いざ自分でプリントしてみようと思っても、プリンターにはいろんな種類がありますよね。 そんな中、初心者でも写真を綺麗にプリントしたいという方にお勧めのプリンターが『Canon PIXUS XK500』(以下XK500)です。 [caption id="attachment_6175" align="aligncenter" width="750"] Canon PIXUS XK500[/caption] XK500は写真高画質と低コストを両立した家庭用インクジェットプリンターで、簡単操作で綺麗かつ低コストで写真をプリントすることができます。 もちろんパソコンと繋いで本格的なプリントも可能なので、プリント技術のステップアップにもおすすめです!   ワンランク上の写真高画質プリント 写真をプリントするとき、できるだけ綺麗に、鮮やかに出したいと思うもの。 写真プリントに特化したXK500は、6色のインクで階調豊かなプリントができます。 『フォトブルーインク』により、従来の6色プリンターよりも明部の粒状感を低減させ、空などのグラデーションが綺麗に印刷できるようになりました。 [caption id="attachment_6051" align="aligncenter" width="750"] 左から「PRO-G1」「PRO-S1」「XK500」とプリント結果を並べてみました。PRO-G1/S1はプロ仕様の本格派モデルですが、パッと見た印象ではXK500のプリントも引けを取らず綺麗です。[/caption] [caption id="attachment_6103" align="aligncenter" width="750"] 同じ6色プリンターの「PIXUS TS8530」と「XK500」のプリントを比べてみました。画像ではわかづらいですが、肉眼だとTS8530で印刷したものの空のグラデーションに少し斑点が見られたのですが、XK500の方には確認できませんでした。よりグラデーションが綺麗に出力されていることがわかります。[/caption] [caption id="attachment_6050" align="aligncenter" width="750"] 「フォトブルーインク」[/caption]     プリントしたいときにすぐ出せる、手軽な操作性 とはいえしっかりした写真プリントは設定が難しいのでは?と思われる方も多いと思いますが、XK500はタッチパネルからの簡単操作でプリントを行うことができます。 SDカードから直接プリントが可能で、本体内蔵の液晶画面は直感的に操作できる仕様になっていて使いやすいです。 [caption id="attachment_6053" align="aligncenter" width="750"] 本体内蔵の液晶モニターは、写真の確認もできるよう大きく設計されています。[/caption] [caption id="attachment_6106" align="aligncenter" width="480"] 本体液晶のメニュー画面。「写真プリント」の大きさからわかるように、プリントまでの過程で迷うことがないようとことん親切な設計になっています。[/caption] また、スマートフォンから専用アプリを通してプリントすることもできます。 スマートフォンで写真を撮ることが多い人に嬉しい機能ですね。 プリンターとの接続もとても簡単で、使いやすくておすすめです! [caption id="attachment_6054" align="aligncenter" width="750"] スマートフォンから直接プリント。本体操作と同様、簡単な印刷の調整ならスマートフォンから行えます。[/caption]   [caption id="attachment_6108" align="aligncenter" width="480"] スマートフォンとの接続は液晶に表示されるQRコードを読み取るだけですぐに設定できるので便利です![/caption]   低コスト印刷でたくさんプリントできる XK500はランニングコストがとても安く抑えられていますので、たくさんプリントしたい人におすすめです。 他のプリンターの印刷コストと比較してみましょう。 L判 フチなし1枚あたり(税込み) XK500 : 約10.8円 TS8530 : 約22.1円 PRO-S1 : 約24.5円 PRO-G1 : 約28.3円 ※キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド使用時のインク・用紙合計コスト  詳しくはキヤノンホームページをご確認ください この他コンビニ等で出せるプリントはだいたい1枚30円程度が多いですが、それらと比較してもとても低コストですよね。 またXK500の予備インク一式セットは3,920円(キヤノンオンラインショップでの価格)となっています。 プリンターになじみのない人からすると少し高額に感じられるかもしれませんが、6色プリンターのインクセットとしてはとてもリーズナブルです!   他社用紙も印刷できるので様々な表現に挑戦できる プリンターを所持していると、色んな紙に印刷したくなってきます! 印刷する紙によって写真の印象が大きく変わってくるので、そういった違いも楽しくなってくるわけですね。 メーカーが用意している写真用紙の他にも世の中には様々な用紙があり、そういった純正用紙以外の印刷設定が結構面倒だったりするのですが、XK500には最初から「他社用紙」を印刷する設定があります。 手軽にいろいろな紙にプリントすることができるので、表現の幅をどんどん広げていくことができますね。 [caption id="attachment_6109" align="aligncenter" width="750"] インクジェットプリンターで印刷できる用紙の中には和紙、バライタ調の紙、キャンバス調の紙など様々なものがあります。同じ写真でも、印刷する紙の違いで印象が変わってくるのが楽しいです。[/caption] [caption id="attachment_6111" align="aligncenter" width="667"] パソコンから「他社のフォト用紙」を設定している画面。こういった設定があらかじめ用意されているのは、とにかくいろいろ試してみたいときにありがたいです。[/caption]   まとめ 写真プリントの魅力とおすすめプリンターをご紹介してきましたが、何はともあれ、写真が好き人は自宅にプリンターがあるとより写真が楽しくなるのは間違いないです! プリントでしか気づけない写真の良さ、というものも確かにあると思います。 今回ご紹介したXK500は初心者でも扱いやすいモデルなので、興味のある方はぜひこのプリンターから写真プリントを始めてみてはいかがでしょうか? XK500特設ページ https://cweb.canon.jp/pixus/special/room/xk/ キヤノンオンラインショップ XK500 商品ページ https://store.canon.jp/online/g/g5068C001/   取材協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社 文:PicoN!編集部 黒田

124 PicoN

写真